HOME > 保険をご検討の方(個人のお客様) > マイホームを購入するとき

マイホームを購入するとき

ご検討のポイント

住宅ローンを利用して住宅を購入した際には、通常、団体信用生命保険に加入します。
団体信用生命保険に加入していると、万一のときに、ローン残金は保険金と相殺されます。
そのため、必要な生活保障額のうち、返済が不要になった分の死亡保障額を減額できます。
ただし、団体信用生命保険に加入できない場合は、民間の生命保険に加入する必要があります。

1死亡保障の必要性は?
団体信用生命保険で保障される分減額できる
死亡保障は家族の生活費を確保できる収入保障保険に重点を置く
2ほかに対策が必要なこと
入院したときの保障をさらに充実
3病気の際のローンの返済に備える
病気の際、月々のローン返済が滞らないよう十分な先進医療特約付医療保険、一生涯同じ保険料のタイプがおすすめ
4災害時の損害に備える
火災や自然災害による損害は家計に大きなダメージを与えます。万一の経済的損失をカバーするのが「火災保険・地震保険」です。

生命保険のおすすめプラン

マイホームを購入した場合のおすすめプランは「終身保険」+「定期保険」+「先進医療特約付医療保険」です。

プラスアルファの安心に

  • 住まい・家財の損害に備える保険

お問い合わせはこちら

  • お電話でのお問い合わせ 03-5413-8118 平日9:00~18:00
  • お問い合わせフォームはこちら
All rights reserved, Copyright © 2014 KATABAMI KOGYO CO,.LTD.