結婚するとき

ご検討のポイント

結婚すると、配偶者(夫または妻)という家族ができます。 家族が増えるときは、家族のための保障が必要になるタイミングです。ただし、全ての夫婦が家族の保険が必要になるわけではなく、夫婦のうち誰が大黒柱なのかによって、保険に入る必要のある方が変わってきます。
それでは、夫婦の形態別に必要な保険を見ていきましょう。

1死亡保障の必要性は?
共働きの場合は低い(扶養家族がいない)
2すぐに対策が必要なこと
入院したときの保障、将来に向けての貯蓄
3保険料のタイプは?
一生涯保険料が変わらないタイプがおすすめ
4家族のスタイルによる違い
こどもがいない、妻が専業主婦の場合には公的年金の遺族年金を考慮した加入
共働きの場合は死亡保障は低額でもよく、将来一部を現金化できる貯蓄性を備えたタイプがおすすめ
妻が専業主婦の場合、死亡保障は将来一部を現金化できる貯蓄性を備えたタイプに重点を置くほうがおすすめ

家族スタイル別生命保険のおすすめプラン

共働きの場合のおすすめプランは、「終身保険」+「定期保険」+「先進医療特約付医療保険」です。

奥様が専業主婦の場合のおすすめプランは、「終身保険」+「定期保険」+「先進医療特約付医療保険」です。

お問い合わせはこちら

  • お電話でのお問い合わせ 03-5413-8118 平日9:00~18:00
  • お問い合わせフォームはこちら

グループ特典のご案内

鹿島グループ社員の方はこちら

  • 鹿島グループ 社員様

八千代エンジニヤリンググループ社員の方はこちら

  • 鹿島グループ ご退職者様

団体保険

鹿島グループ社員・ご退職者の方はこちら

  • 鹿島グループ 社員様
  • 鹿島グループ ご退職者様

八千代エンジニヤリンググループ社員の方はこちら

  • 八千代エンジニヤリンググループ団体保険 YEC-Guard
All rights reserved, Copyright © 2014 KATABAMI KOGYO CO,.LTD.