かたばみ興業株式会社 緑化造園本部

>SERVICE>緑化造園工事

緑化造園工事

ビル、マンション、公園、緑地などの緑化造園工事を通して、緑豊かで、やすらぎある空間を提供します。
さらに、ヒートアイランド現象対策として注目を集める屋上緑化や壁面緑化にも注力し、地域の生物多様性に配慮した緑化事業を行っています。

都市緑化

都市緑化は環境の改善に始まり安全性、防災性、またレクリェーションや憩いの場としての機能を持たせるなど、幅広い役割を求められています。
かたばみ興業はそれらのニーズに応えるため、確かな技術で都市緑化を創造します。

  • 東京駅八重洲口駅東京の中心となる東京駅の駅前広場植栽
  • 大崎Think Park都心とは思えない緑豊かな美しい景観を創出するオフィスビル外構植栽

環境コミュニケーション緑化

都市における人といきものに優しい緑環境をコンセプトに、地域に受け継がれてきた多様ないきものや植物を保全します。かたばみ興業は人がいきものや植物に「ふれあい」、「まもり」、「はぐくむ」 ことのできる環境づくりを目指し、さらには臭覚や味覚、色彩などの五感(感性)を刺激し、「感じること」ができる環境づくりを提供します。

生物多様性植栽

地域における緑の拠点として、また皇居と上野公園をつなぐエコロジカル・ネットワークの形成を目的に、在来種を中心とした生物多様性植栽

住友海上駿河台ビル屋上緑化工事及び新館ECOM駿河台外構植栽工事

三井住友海上神田駿河台ビル新館

■生物多様性への取組み
東京都環境局が実施する「江戸のみどり復活事業(官民連携)」に参画。 在来種植栽という新たな都市緑化を広く普及させ、東京における生物多様性の保全・回復を推進する活動を行っています。

2011年に、都心のビル緑地として初めて「社会・環境貢献緑地評価システム」(以下、SEGES)の最高ランクである『Superlative Stage』(スパラティブステージ)の認定を取得しました。
※SEGESとは、社会・環境貢献度の高い優れた緑地を評価する「緑の認定制度」で、全5段階の認定ランクがあります。

ビオトープ

多摩川流域の谷戸(里山)に見られる水辺をイメージした生態池
日本固有種の水生植物を選定することで、地域のいきものを誘致し生息できる生態系を創出

ヤマト羽田クロノゲート生態池整備

ヤマト羽田クロノゲート生態池整備

ヤマト羽田クロノゲート生態池整備

ヤマト羽田クロノゲート生態池整備

エディブルガーデン・キッチンガーデン(菜園)

社員や来訪者が五感を通じて植物とのふれあいが出来る屋上緑化
エディブルガーデン(様々な果樹やハーブが季節の彩を五感を楽しませてくれます)
キッチンガーデン (当社の専門ガーデナーにより一年を通して野菜作りを行っております)

  • エディブルガーデン
  • キッチンガーデン

ナチュラルガーデン(日本の自生種ガーデン、バタフライガーデン、ハーブガーデン)

3つの植生エリアをつくりそれぞれの植物の特性の違いや生育の変化を、五感で楽しむことのできる屋上緑化

ナチュラルガーデン

公共工事

公共事業における造園・土木工事及び植栽管理業務を通じて、地域住民の愛される公園、緑地空間の創出に努めています。

  • 緑水公園
  • 庭園美術館

屋上・壁面緑化

建築物の屋上や壁面等の特殊緑化は、都市におけるヒートアイランド現象を緩和し、また、地球温暖化に配慮した省エネルギーの推進に大きな役割を果たしています。これらは新たな緑地の創出や都市環境の改善に非常に有効であり、周辺環境に貢献することに深くつながっています。かたばみ興業ではこれまで培ってきた技術と知識を活かし鹿島建設及び鹿島グループと連携し特殊緑化技術研究・開発を積極的に推進しています。

※特殊空間:通常の方法では緑化が困難とされ、緑化に高度な技術を要する空間

  • 西葛西イオン
  • 椿山荘

屋内緑化

商業ビルやオフィスビルは、様々なテナントが入居し、来訪者が行き交う空間です。この空間に自然の緑をデザインすることにより建物に癒しの空間と先進性を持たせ、他との差別化を演出することができます。また、近年では、グリーンインフラ※としても注目されています。かたばみ興業では施工だけではなく、屋内ならではの特性を考慮した植栽環境設計からメンテナンス提案まで総合的なプランニングを行います。

※グリーンインフラ:自然の有する防災や水質浄化などの力を積極的に利用して、施設整備や土地利用を進める手法グリーンインフラストラクチャ―(Green Infrastructure)

  • イースト21 オフィスグリーン
  • KIビルアトリウム緑化